糖尿病予防やダイエット、腸内環境改善にも効果があるイヌリンとは

イヌリンという成分をご存知でしょうか。
誰もが摂取できる身近な成分ですが、耳慣れない人が多いと思います。

 

イヌリンとは多糖類の一群ですが、糖類ではなく水溶性食物繊維に分類されます。
植物の根で作られ、特にキクイモ、ゴボウ、タマネギ、ニンニク、ニラに豊富に含まれます。

 

これらを食べると便秘解消の効果があることはよく知られています。
積極的に食べている人もいるでしょう。

 

イヌリンとは体内でどのように働くのでしょうか。
イヌリンをはじめとする水溶性食物繊維は、腸内に入るとフラクトオリゴ糖に変化します。

 

フラクトオリゴ糖は消化されにくい性質を持っており、腸内で善玉菌のエサになります。
善玉菌が多くなれば、悪玉菌に対する活動量が活発化し、腸内環境が改善されます。

 

さらに、腸内をゆっくりと移動して腸のぜん動運動を促します。
その結果老廃物が排出されやすくなる効果があります。

イヌリンとは糖尿病予防やダイエットにも効果があるが摂りすぎに注意

糖でありながら消化吸収されないのも、ダイエットに向いている理由です。
水溶性食物繊維の性質で注目すべき点は、水に溶けるとゲル状になることです。

 

ゲル化した食物繊維は腸内に入ってきた他の糖を吸い寄せて、他の老廃物とともに排出します。
糖尿病予防になることから、「天然のインスリン」と呼ばれています。

 

イヌリンの1日の目安摂取量は8〜14gとされています。
毎日の食事で摂ることが望ましいです。

 

不足しがちな場合はサプリメントも利用すると良いでしょう。
ただし多く摂りすぎると、腸内にガスが溜まりやすくなります。

 

また場合によってはアレルギー反応であるアナフィラキシーショックが起こる恐れもあります。
サプリで摂取する場合は特に、摂取量に注意しましょう。

 

イヌリンとは便秘や糖尿病を予防するために欠かせない成分です。
積極的に摂取して健康な体を保ちましょう。

イヌリンを多く含む菊芋とごぼう|食物繊維が不足するとどうなる?

最近話題の食物である菊芋をご存知ですか。
名前からするとイモの一種と思われがちですが実は違います。

 

実はゴボウと同じキク科の植物なのです。
低カロリーで健康効果があることから注目を集めています。

 

菊芋の健康効果の中には腸内環境を整え、便秘を改善する効果があります。
この効果を与えている栄養素がイヌリンです。

 

イヌリンは水溶性食物繊維の一つで、菊芋の含有量は野菜の中でもトップクラスです。

 

人は食物繊維が不足すると、腸内細菌である悪玉菌が増加します。
腸の動きが鈍くなるため腸内に老廃物が蓄積するようになり、便秘になります。

 

消化吸収機能が低下するため、全身の代謝が低下し、免疫力も落ちて肌荒れをしやすくなります。
このように腸内環境は我々の健康において大きな役割を果たしているのです。

菊芋に多く含まれるイヌリンは腸内環境を改善する

乱れてしまった腸内環境を整えることができるのがこのイヌリンという成分です。
食物繊維の一種なので、老廃物の排出を促す効果があります。

 

イヌリンは腸内でフラクトオリゴ糖となり、善玉菌のエサとなり増やす作用があります。
善玉菌が増えると腸内環境を整えることができます。

 

消化吸収機能を改善して代謝を促進し、肌荒れを改善することもできます。
さらにこのイヌリンは余分なコレステロールや糖分の吸収を抑制します。

 

すると血糖値の上昇を抑える効果があります。
このように菊芋のイヌリンには腸内環境を整え、便秘を改善しつつ、血糖値の上昇を抑える効果があります。

 

血糖値や便秘を改善したい方におすすめの野菜です。

血糖値を下げたいときや糖尿病予防に効果的なイヌリン

糖尿病は最初のうちは自覚症状がありません。
会社の健康診断を受けた際、はじめて糖尿病だとわかることもあります。

 

糖尿病が悪化すると、失明したり、腎臓機能が低下したり、神経障害が起こる危険
あります。
早めに食生活を見直すなどの対策を練る必要があります。

 

血糖値を下げたいときや糖尿病予防に効果的な成分といえば、イヌリンがあります。
イヌリンは菊芋やゴボウなどに含まれている成分です。

 

天然のインスリンとも呼ばれているので糖尿病予防や改善に期待が持てます。

 

イヌリン糖尿病予防や改善に効果的である理由は何でしょうか?
まず消化されにくい成分であることが第一に挙げられます。

菊芋やゴボウが十分に食べられない場合は健康商品でイヌリンを摂取しよう

同時に口に入れた食べ物の消化や吸収も抑えられます。
消化や吸収を抑えられると、血糖値が急激に上昇しなくなります。

 

するとインスリンの量が少なくても済むようになります。
インスリンをたくさん作らなくても良くなると、すい臓の負担を減らせます。

 

インスリンを生成する能力を高められるので、血糖値を下げることも出来ます。
イヌリン糖尿病予防や改善に役立つといわれるのはそのためなのです。

 

普段から菊芋やゴボウを料理に取り入れ、積極的に食べるようにしてください。
イヌリンを最も多く含む食材は菊芋ですが、スーパーに置いてない場合もあります。

 

その場合は健康食品を利用するとよいでしょう。
健康食品なら料理を工夫しなくても、毎日決まった量を簡単に摂取することが出来ます。

イヌリンはダイエットや血糖値改善・便秘解消に効果的

イヌリンはキクイモ、ごぼう、にらなどの植物によって作られます。
単糖分子とは異なる性質を示す様になった多糖類です。

 

イヌリンは糖類であるため甘味料としても用いられます。
人間はイヌリンを分解する酵素を持っていません。

 

摂取してもその殆どは吸収される事なく体外へ排出されます。
そのためダイエット効果が期待できます。

 

イヌリンは腸内で加水分解されフラクトオリゴ糖へと変わります。
フラクトオリゴ糖は腸内のビフィズス菌など善玉菌の餌として利用されます。

イヌリンは中性脂肪を減らす効果が期待できる

間接的に腸内環境を整え便秘解消にも効果的です。
血糖値に関してですが、イヌリンだから上昇しないと言う訳ではありません。

 

果糖やブドウ糖など他の糖類よりも上昇の程度が抑えられているだけなのです。
下げる訳ではないという点には注意して下さい。

 

例えば、血糖をコントロールしている方の場合、キクイモやにらなどをよほど大量に
摂取しない限り食後血糖値が180mg/dlを超えるような事はないでしょう。

 

またイヌリンは便秘解消やダイエット効果があります。
水溶性食物繊維にはコレステロール値を下げる効果があると言われています。

 

中性脂肪すなわち、贅肉を減らす効果が期待できます。
食物繊維ダイエットの効果が以前から期待されているのは、整腸作用だけではなく脂肪を減らす効果も高いためなのです。

 

なおイヌリンは天然の物であり副作用の心配はありません。

イヌリンは腸内環境改善、腸内フローラ強化に効果的

イヌリン腸内環境を整える作用を持つ多糖類です。
キクイモやごぼう、ニンニクなどに含まれる天然成分です。

 

多糖類とは言っても、人間の体はイヌリンを分解することが出来ません。
吸収されずに体外に排出されます。

 

腸内環境を整える理由とはどんなものでしょうか?
イヌリンが大腸まで進むと、一部がフラクトオリゴ糖という糖分になります。

 

これは善玉菌が好むものであり結果として腸内の善玉菌が増加します。
そうして増えた善玉菌は腸内フローラと呼ばれる群となり悪玉菌を倒す力が増します。

 

これは換言すると免疫力が上がるということです。
免疫力アップは病気にならない強い体づくりに欠かせません。

イヌリンは2つの作用で健康に良い働きをする

またイヌリンは食物繊維としての働きを持っており、腸のぜん動運動を活発にします。
これにより便秘改善が期待できます。

 

糖分ですから水溶性であり、腸内で水分を蓄えるとゲル状になります。
すると他の糖分の吸収を阻害し始めます。

 

これはダイエットや糖尿病予防に効果的ということを示しています。
イヌリンは糖分というだけあって甘いため、実際にダイエット食品の甘味料として使われることがあります。

 

フラクトオリゴ糖になる、食物繊維として働くの2つの作用が核となって、イヌリンが人間の体を健康にしてくれるのです。
キクイモやごぼう、ニンニクを積極的に食べる習慣を付けてみてはどうでしょうか。

イヌリンのサプリの効果的な選び方や副作用について

イヌリンは近年話題の菊芋などの植物に含まれている成分です。

健康に良い成分として注目されています。

 

イヌリンは天然のインスリンとも言われています。
血糖値が高い人やダイエット、腸内環境を整えたい人に人気です。

 

副作用もありません。
菊芋は実はキク科で、ヒマワリや黄色のコスモスの様な花が咲く植物です。

 

綺麗な花を咲かせるので、花を楽しむ事もできます。
生でサラダとして食べたり煮物等にしても利用できる便利な食材です。

 

栽培も比較的簡単です。
家庭菜園で作る人も増えています。

 

背丈が大きく育つので見た目にも迫力があり、花もたくさん咲くので観賞価値も高いです。
菊芋の有効成分であるイヌリンは、生の菊芋を食べる事で効果的に取ることができます。

サプリなら年中イヌリンを簡単に摂取できる

生の菊芋が八百屋やスーパーなどで手に入る時期は限られています。
年中イヌリンを手軽に取るにはサプリを利用するのが便利です。

 

サプリ選び方としては材料の菊芋などが無農薬で安全に栽培されてないかが重要です。
健康に良い成分でも農薬や化学肥料をたっぷり使っているのは心配です。

 

また余計な添加物が入っているサプリは体に悪影響を与える可能性があります。
信頼出来るメーカーの安全な材料で作られている商品を選ぶのが良いです。

 

年中有効成分であるイヌリンを体に取り入れたい人は、サプリを利用する事で手軽に効果を得る事ができるのでおすすめです。

イヌリンとデキストリンの効果を比較すればわかる幅広い働き

イヌリンデキストリンも水溶性食物繊維です。
大きく分けると同じ仲間の成分ということになります。

 

イヌリンは菊芋などにの多く含まれています。
デキストリンはジャガイモやトウモロコシなどの含まれるでんぷんです。

 

どちらも水溶性食物繊維なので、同じような働きをしてくれます。
例えば糖や脂肪の吸収を穏やかにしれくれるので血糖値が高くならないようにします。

 

吸収が穏やかになるため、血中のコレステロール値を抑えつつ、過剰な分は体外へ排出してくれます。
そのため血液の掃除係としても活躍してくれます。

 

水溶性食物繊維としての一番の効果は腸内環境を整えることです。
便通をスムーズに行われるようにしてくれます。

 

また腸内の不要なものを一緒に排出してくれますので、体の内部からきれいにすることができます。
ただ、イヌリンデキストリン比較すると腸内での働きには差があります。

イヌリンとデキストリンではイヌリンの方がより健康にプラスになる

イヌリンは糖の吸収に関係するインシュリンの分泌を抑える働きもあります。
そのため、体が余分な糖分を溜め込んだり、取り込むことがありません。

 

イヌリン自身が持つ糖分は人間が消化したり吸収できない性質です。
体の中に溜まってしまうこともありません。

 

腸内環境に不可欠な善玉菌を増やすことができるのもイヌリンだけの効果です。
分解されるとオリゴ糖の一種になるため、善玉菌の餌になり増えて動きも活発になります。

 

自然と悪玉菌が減って腸の働きも高まりきれいに保つことができます。
このように似ているようで違いもあるので、より体にプラスになるイヌリンの方が効率的な成分とも言えます。

 

どちらも体に良い成分であることは変わらないので食事や健康食品などを利用して積極的に取り入れていきましょう。
腸は体全体の健康を司るといっても過言ではありません。

 

腸内環境を整えつつ合わせて体内全体もクリーンにしていきましょう。

「イヌリンサプリを徹底比較|本当に効果のあるイヌリンはどれ」関連情報